心が伝わる短い手紙の書き方

お母さんあいさつ実例集

手紙の書き方が面白いほど身につく本

英文手紙の書き方

手紙・ハガキ・FAX・メール・一筆箋「ビジネス文書」書き方・使

気のきいた手紙が書ける本

きれいな言葉づかいと好感度アップの敬語

封筒とはがきの使い分け

手紙書き方例文関連の話です。大切なので話します。丁重な手紙や正式な手紙は封書を使うのがマナーだそうです。

手紙は友人などに依頼しても良いかしれませんが、自分で書けるといいですね。贈り物や招待状にも常識的な書き方はありますよね。

依頼の手紙や承諾・断りの手紙、紹介の手紙、子供の学校への手紙などは正式な手紙の一つなので、内容から考えてもはがきは避けて封書にするのが良いようです。

同じお祝いの手紙でも目上の人への結婚祝いや長寿祝い、受賞祝い、栄転祝いなどは封書の方がいいみたいです。誕生祝いや友人の新築祝い、知人の子供の節句のお祝いなどははがきでも問題ないみたいです。

プライベートな内容の手紙は、必ず封書にするのが良いようです。はがきはオープンなものなので、誰に見られても差し支えないということを前提に書く必要があるそうです。

お悔やみ・お詫びの手紙、相談の手紙などの相手のプライバシーに関わる内容については、はがきではなく封筒が良いようです。

例えば同じお礼の手紙でも、お祝い・贈答のお礼ははがきで、お見舞い・依頼のお礼は封書というように、内容によって使い分ける必要があるようです。

手紙書き方例文ではありませんが、大切なので話しました。