心が伝わる短い手紙の書き方

お母さんあいさつ実例集

手紙の書き方が面白いほど身につく本

英文手紙の書き方

手紙・ハガキ・FAX・メール・一筆箋「ビジネス文書」書き方・使

気のきいた手紙が書ける本

きれいな言葉づかいと好感度アップの敬語

時候の挨拶パート2☆7月から12月

時候の挨拶の続きです。2文字の時候の挨拶もあれば、結構長いものもあるんですね。

7月(文月)、 盛夏、 真夏、 向暑、 猛暑、 大暑、 酷暑、 炎暑、 厳暑、 盛夏の候、 向暑の侯、 三伏大暑の候、 爽快な夏、 まぶしいほどの夏、 海山の恋しい季節、

楽しい夏休み、 連日厳しい暑さ、 夏祭りのにぎわうころ、 炎暑のみぎり、 日々暑さ厳しき折から、 涼風肌に心地よく、 旱天続きで、 草木も生気を失い、 土用の入りとなり、

近年にない暑さが続き、 蝉の声に更に暑さを覚え、 一雨欲しいこのごろ、

8月(葉月)、、 盛夏、 晩夏、 残暑、 秋暑、 初秋、 立秋、 新涼、 残炎、 残暑の候、 晩夏の候、 残暑厳しき折から、 残暑凌ぎ難き候、 土用あけの暑さは厳しく、

立秋とは名ばかりの暑さ続き、 青草を蒸すような強い日射し、 残暑なお厳しい折柄、 秋暑厳しき折柄、 秋にはまだ遠く、 秋立つとはいえ、 朝夕涼味を覚えるころ、

夜空に秋の気配を感じるころ、 避暑客の姿も少なくなり、 暑さも峠を越しいよいよ秋、 虫の声に秋も近づいた事を感じる昨今、 まだまだ暑い日が続いておりますが、

9月(長月)、 新涼、 秋涼、 清涼、 新秋、 初秋、 爽秋、 孟秋、 秋色、 涼風、 野分、 秋分、 初秋の候、 新秋快適の候、 爽秋の候、 残暑去り難く、

二百十日も無事に過ぎ、 爽やかな季節を迎え、 朝夕はめっきり涼しく、 朝夕日毎に涼しくなり、 虫の音美しい、 秋の気配が次第に濃くなって、 新秋快適のみぎり、 秋色次第に濃く、

初雁の姿に秋を感じる頃、 野山もにわかに秋色をおび、 スポーツの秋を迎え、、

10月(神無月)、 紅葉、 秋涼、 秋冷、 秋晴、 秋雨、 爽秋、 仲秋、 中秋、 錦秋、 菊花、 秋晴れ、 秋冷の候、 さわやかな好季節、 さわやかな秋晴れの続く、

秋涼爽快のみぎり、 秋気肌にしみ、 秋涼爽快の候、 秋色日毎に深まり、 日増しに秋も深まり、 燈火親しむの候、 木々の梢も色づいて、 実りの秋となり、 灯火親しむの候、

空は深く澄み渡り、 夜長の頃となり、 冷気は日増しに加わり、 スポーツの秋、 味覚の秋、 天高く馬肥ゆるの候、、

11月(霜月)、 晩秋の候、 秋冷、 季秋、 深秋、 暮秋、 落葉、 立冬、 初冬、 初霜、 向寒、 寒暖不順、 暮秋の候、 菊薫る今日このごろ、 菊薫る候、

ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、 秋気いよいよ深く、 秋も一段と深まり、 鮮やかな紅葉の候となり、 舗道に落ち葉が散る頃、 小春日和の今日此頃、 朝夕一際冷え込むころ、

吐く息も白くなり、 夜寒の折柄、 冷気日ごとに加わり、 日毎冷気が加わり、 追々寒さ向かいますが、 冷雨が降り続く、

12月(師走)、 師走、 初冬、 向寒、 厳寒、 明冷、 寒冷、 歳末、 歳晩、 歳晩の候、 初冬の候、 寒気厳しき折柄、 寒気いよいよ厳しく、 めっきり寒くなり、

あわただしい師走となり、 師走に入って一段と寒く、 年の瀬もいよいよ押し詰まり、 歳末何かとご多端の折柄、 木枯らし吹きすさぶころ、 今年もいよいよおしつまり、

年末御多忙の折から、 年もせまり何かとご繁忙のこと、 寒さもひとしお身にしみるころ