心が伝わる短い手紙の書き方

お母さんあいさつ実例集

手紙の書き方が面白いほど身につく本

英文手紙の書き方

手紙・ハガキ・FAX・メール・一筆箋「ビジネス文書」書き方・使

気のきいた手紙が書ける本

きれいな言葉づかいと好感度アップの敬語

時候の挨拶を並べてみました♪1月から6月

時候の挨拶一覧です。想像以上に多いことに驚きました。知っていたのはほんのわずかでした。

ビジネスや、目上の人(先生など)への手紙書き方の例文やお礼やお願いの例文を探している人が多いようですね。

1月(睦月)、 正月、 初春、 新春、 孟春、 芳春、 厳冬、 厳寒、 大寒、 小寒、 酷寒、 甚寒、 極寒、 降雪の侯、 寒風の侯、 謹賀新年、 新春の喜び、

厳寒のみぎり、 酷寒のみぎり、 寒気厳しき折柄、 初春とはいえ、 厳しい寒さ、 一面の銀世界、 寒さ厳しき折柄、 例年にない寒さ、 いよいよ寒気がつのり、 星も凍るような寒い夜、

寒気ことのほか厳しく、 雪の晴れ間、 積雪は軒につかえ、 霜柱を踏んで、 水道のじゃ口も凍る寒さ、 ビルの谷間を抜ける木枯らしの音、 冬来たりなば春遠からじ、、

2月(如月)、 立春、 早春、 上春、 節分、 春寒、 余寒、 残寒、 寒明け、 晩冬、 春浅、 中陽、 梅鴬の候、 春寒の候、 厳寒の候、 春まだ浅く、

立春とは名のみの寒さ、 冬の名残りがなかなか去らず、 寒気は冴えかえり、 春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く、 余寒厳しき折柄、 暦の上に春は立ちながら、 三寒四暖と申しますが、

三寒四温とか言われる季節、 いくらか寒さもゆるみ、 梅のつぼみもそろそろ膨らみ、 何となく春めいて、

3月(弥生)、 浅春、 早春、 季春、 春分、 春色、 春暖、 麗日、 軽暖の候、 早春の候、 春暖の候、 風はまだ寒く、 寒さも緩み、 春寒しだいに緩み、 春暖快適の候、

春の彼岸の頃、 春色とみに濃く、 春寒料峭のみぎり、 日増しに暖かさを増し、 小川の水もぬるみ、 つぼみも膨らむころ、 桃の蕾もふくらみ、 日増しに暖かくなり、 急に春めいて、

木々の緑日ごとに色めく季節、 若草萌ゆる候、 一雨ごとの暖かさ、 日毎にのどかになり、 菜の花は今が盛り、

4月(卯月)、 陽春、 仲春、 春暖、 温暖、 春日、 春和、 春粧、 春陽、 桜花、 春風駘蕩の候、 陽春の候、 春暖の候、 春陽麗和の好季節、 春たけなわ、

花曇りの昨今、 春もたけなわの日和、 花便りも伝わる今日このごろ、 うららかな好季節を迎え、 春光うららかな、 桜花爛漫、 春の愁いにとらわれ、 春宵一刻千金の候、 春も深くなり、

葉桜の季節となり、 春も半ばを過ぎ、 惜春の思いは深く、 若草萌える季節、 かげろうもえる季節、

5月(皐月)、 晩春、 惜春、 暮春、 新緑、 若葉、 青葉、 薫風、 藤花、 立夏、 初夏、 向暑、 軽暑の候、 新緑の候、 新緑の色増す季節、

新緑の野山に萌える今日この頃、 風薫るこのごろ、 風薫る五月の空に鯉のぼりが、 若葉の目にしみる候、 緑濃く、 緑したたる、 五月晴れ、 大空にこいのぼりの躍るころ、 吹く風も夏めいて、

青田を渡る風、 新茶の香り、 牡丹の花が咲き誇り、 初夏の風もさわやかな頃となり、 深緑の色増す頃、

6月(水無月)、 青葉、 深緑、 入梅、 梅雨、 長雨の候、 初夏、 向暑、 夏秋、 麦秋、 若葉青葉の候、 さわやかな初夏の季節、 梅雨がうっとうしい折から、

時候不順の折、 うっとうしい梅雨の季節、 長かった梅雨もようやくあがり、 爽やかな初夏を迎え、 初夏の風に肌も汗ばむ頃、 樹々の緑深くなり、 若鮎のおどる、 暑さ日増しに厳しく、

空には白い雲が浮かび、 暑気日ごとに加わり、 日の光も青く、以上です。